Service

無垢材を使用したフローリングで変化を楽しむ

こだわりの設計で住みやすい家づくりの提案をしています

両親と住める二世帯住宅を・子育てしやすい家がいい・趣味を楽しめる部屋がほしいなど、そろそろ新築のマイホームをと考える水戸市のお客様は大変多く、様々な思いを抱えてプラスアーキテクト株式会社までご相談にお越しいただけます。

すべての機能を詰め込んだ理想のマイホームは、いざ見積もりを出してみると軽く予算オーバーにということにもなりかねません。これから暮らしていくにあたって「本当に必要なものはなにか」ということをお客様としっかり話し合い、無駄を削った省エネルギーと高耐震を備えた高性能住宅を提案します。

無駄なコストを払わないシンプルな家づくりを提案しています

収納や窓は多いほど良いなど、実際に家を建てるのあたってなんとなく受け入れてしまっているこれまでの常識はございませんか。より少ない予算でより住みやすい家をつくるため、今まで当たり前のように叫ばれてきた家づくりの常識を、まずは見直していただいています。窓が多ければ確かに明るいかもしれませんが、夏は日差しが多く入り込み冬は断熱性能が低下してしまいます。

またプライバシーの問題からも、窓は多ければいいといったことは決してないはずです。更に収納についても、ただ広くとればいい・たくさんあればいいというのは間違いです。収納を増やした分だけ家はどんどん大きく高額になってしまうことを、きちんと考慮しなければなりません。こういった「本当は必要のないもの」を省くことでシンプルな家を提案しています。

未来を見据えたゼロエネルギー住宅ZEHをすすめています

省エネルギー化が叫ばれる昨今、家庭内での省エネを意識する方も増えてまいりました。省エネを進める上で重要な要素である冷暖房設備は特にエネルギー消費率が多く、いかに断熱性にこだわった住宅にするかが大きな課題となっています。省エネ化を進める上で重要な要素である暖冷房は特にエネルギー消費率が大きく、これらを少なくするためには断熱性能にこだわり住宅そのものを省エネ化することが大事です。

ZEH住宅は外皮性能基準を大幅に向上させ、年間の一次エネルギー消費量収支をゼロとすることを目指した住まいになります。住宅の省エネルギー化は、地球環境に優しい暮らしを実現するための第一歩です。2020年の現在に求められている省エネルギー基準よりもさらに厳しいものがZEH基準となり、これを満たした建築を行っています。

使うごとに味の出る無垢材を使用しその経年変化について紹介

住まいに使用する素材選びは重要となっており、使用する場所に合わせて適切なものを厳選する必要がございます。私たちは特に無垢材の使用にこだわり、毎日家族が過ごす場所・毎日お客様の触れる場所である床には無垢材を基本としておすすめしています。木は周囲の温度にさほど影響されず、年間通して一定の温度を保っています。夏は裸足で歩いてもベタベタせずさらっとした触り心地になり、冬には少しぬくもりを感じます。

また使用していくにつれてかわっていく変化の様子も、長い時間かけて楽しんでいただくことができるのです。ほかにも有害物質の軽減・防虫・防カビ・防菌効果など室内汚染を中和してくれるだけでなく、調湿効果を得ることもできます。フローリングの素材に合わせたダイニングテーブルの作成などもご依頼いただけます。