Series

外観のイメージとは違う明るく開放的な空間

デザイナーズ住宅のイメージを覆す内装の数々を紹介しています

デザイナーズ住宅はオシャレでカッコイイけれど住みにくい、そんなデザイナーズ住宅に抱かれる常識やイメージを覆すような内装を作っています。必要な機能を落とすことなく必要ないものを省く合理的な家づくりをモットーに、従来の家にある多くの無駄を省いて設計しています。

私たちの提案するデザイナーズ住宅はデザイナーや設計士が思いのままにデザインした建物ではなく、問題点を解決しながらデザイン性を重視し合理的で住みやすいものであり、そのこだわりを写真にて紹介しています。

< 12 3 >

プラスアーキテクト株式会社の家は普通の家には当たり前のようにあるもの、それを無くすことでスタイリッシュなデザインでありながらもスペースやコストの無駄遣いを省き、低価格な新築を水戸市にて実現させています。例えば廊下は部屋と部屋をつなぐための空間としてどの戸建てにも大抵は設けられていますが、これだけのために果たして貴重なスペースを無駄に使う必要があるのか、と考えています。廊下を必要としない間取りを組むことにより余計な建築資材を使わずに済すだけでなく、狭い土地でも広々とした空間を確保することができます。

また解放感を得るための大きな窓は実際に入居すると視線を気にして一日の大半をカーテンで閉ざしてしまう、そんな状況のご家庭は多いはずです。外からの視線が入り込む道路面・隣接する家がある面にはむやみに大きな窓を作らず、外からの視線が入らない方法によって太陽の光を取り込み開放的な空間を生み出します。