水戸の新築・プラスアーキテクト株式会社

の口コミ情報

年間を通じて快適に・心地よく暮らせる住まいづくり

断熱・省エネ・創エネの3つの基準を満たしたZEH仕様の住まい・1年間を通して快適に暮らすことのできるパッシブデザインの住まいなど、とことん住みやすさと快適さにこだわってデザインをいたします。

その上で不必要とされるものはとことん削り、シンプルで開放的なデザインの家に仕上げていきます。もちろん価格もリーズナブルで、お客様のご要望も最大限に取り込みご満足いただける住まいづくりを実現するために日々努力を行っています。

シンプルで開放的なデザインにこだわった家づくりの提案

家事や掃除・育児やお子様の遊びと学習など、日常の動線や収納スペースを考えながらデザインを工夫し、無駄をなくしていくよう心がけています。もちろん無駄を省くといってもデザイナーや設計士の意見を押し付けるのではなく、お客様のご要望を理解した上で実現可能なプランを提案していますので、過剰な予算にならずリーズナブルに仕上げることが可能です。

「デザイナーズ住宅=高い」と思われがちですが、このような工夫をすることにより極力シンプルにデザインを抑えリーズナブルな価格を実現しています。一見すると窓がなく「暗いのでは」「開放感を得られないのでは」と思われるようなデザインでも、中に入ってみると自然光だけで十分明るいお部屋に驚かれるでしょう。そんな工夫を随所に散りばめることによって、従来の住宅に関する常識を覆すようなシンプルデザインのお住まいを提案しています。

住まいのZEH化でゼロエネルギー住宅を推進しています

ZEH(ゼッチ)とはNet Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略です。住まいの断熱性や省エネ性能を上げ、また太陽光発電などを利用することでエネルギーを創りだし、年間に空調や給湯・照明・換気などで使う一次消費エネルギー量の収支を実質「ゼロ」にする住宅のことを指しています。

断熱性能を高めてエネルギーロスを防ぐこと・夏は日差しを遮り冬は陽だまりをつくること・風の通り道をつくること・日中は太陽の光だけで十分に明るい空間を生み出すことなど、自然エネルギーを最大限に活用しつつエネルギー消費量を抑え、極力小さなエネルギーで快適な空間をつくり出すことが目標となっています。現在はまだまだ完全な実施にはいたっておりませんが、政府が目標として掲げる2030年を目途に100%の施工率を目指します。今よりも更に多くの性能を取り入れてお客様のために進化し続けてまいります。

自然エネルギーを利用したパッシブデザインの設計が得意です

地球の限られた資源を節約するために、住宅でも省エネルギーが国を挙げて推奨されています。特に住宅のZEH化は政府目標も明確に定められており、補助金交付などで積極的に推進されている建物の新しいスタイルになります。パッシブデザインやZEHはこれからの住宅では標準となっていくことを踏まえ、その先駆者をして良さを伝えていければと考えています。

パッシブデザインは太陽光や風・地熱などの自然の力を最大限に活用して、省エネで快適な暮らしを実現できるよう設計された住宅のことです。日差しを採り入れ自然光だけで明るい部屋はもちろん、自然の素材を使用することによってに湿度を調整し快適な住空間を維持、風通しが良く春・夏・秋と快適に過ごせるお部屋、夏は日差しを遮り涼しく・冬は断熱性が高くエネルギーを逃がさない間取りや設計を行うことによって、年間を通して快適なお住まいをつくります。